旅日記 自分的自由行動 


by omigoto-90cc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体

以前の記事

2012年 08月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

nboona

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

変わるもの変わらないもの
at 2012-08-30 01:28
横浜から石巻への贈り物
at 2012-04-24 12:50
東北を後に
at 2011-12-26 20:37
9月11日 心の音楽祭
at 2011-08-28 23:07
流れついた石巻
at 2011-07-01 22:49

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Next

何の変化を求め暴動や破壊が勃発しているのか奥深くまでの理解はできていません
自由と狼煙を立て平等と叫ぶ者 今よりも未来の希望に踊らされ狂気に走る者
同時に冷たいコンクリートの上で恐怖に囚われ朝を待つ者
想像を越えた現実に嘆き苦しむ者
b0197609_058417.jpg


同じ大陸 東のTunisia 西のMorocco
Morocco 偶然見た cafeのテレビにTunis暴動悪化の映像が流れていた
つい三週間前にお世話になった友達たちに不幸がないか頭に浮かぶ
日記にも書いたけどOld twonで感じたものは 時代 価値から離れた
美しい生活
都市近郊で話した人たちもいい笑顔の人たちばかりだった
どこの国でも同じだけど危ない臭いのすると通りや街角は当然 危険に注意
あの国が・・悪い感に触ることもあったけど
b0197609_111183.jpg
b0197609_131150.jpg


情報は言葉ひとつ映像の角度ひとつで事実を作り変えることのできる道具
出来事の善し悪しは 時、場所、環境状況や経験で理由付けされ入れ替わりをくり返す
自分まで混乱する前にテレビから目をそらした
b0197609_1104262.jpg


旅を続けて確信できたことがいくつかある
俺の日本での暮らしは 
現在より未来 今日よりも明日 環境や思惑に振り回され
今のしあわせと感謝という荷物を置き去りに誘惑の海を迷走する船のように見える
b0197609_1142371.jpg
b0197609_1153098.jpg

b0197609_118757.jpg
b0197609_1204116.jpg

明日の希望よりも今に不満を持たずに生きぬけていればバッチリ
生きていれる今に満足し無駄な欲を消けしてゆきたい
自分にできることは自分ことだけ 責任を持ち生きていこうって
新たな海に舵をとり走り始めたのが今回の旅のきっかけになった
b0197609_1255930.jpg
b0197609_1313045.jpg

旅に出ると 迷いの不安 正しい寂しさ
様々な試練が訪れた

迷いの不安
地図を広げ現在地を確かめる 見失い迷走し不安に包まれる
先が見えないから・・予定が立たないから・・

目的も予定もない旅 
自分の現時点が人生の地図において解ろうとも
この先のことは行ってみなければ解るはずもない

道は世界中に繋がり行き止まりに当たれば引き返せばいい
食料がなくなりガソリンが底をついても旅が命が終わるわけでない
少しずつでも前に進めば必ず何かの出会いがある
迷いを楽しめるようになった。

正しい寂しさ
広い大地 深い森の中 白銀の世界
孤独に夜を明かした
テントを張り 手早く食事を済ませると 辺りは暗闇に包まれる
疲れていても眠りに落ちない夜がある
そんな時 寂しさに包まれる
日本ならば 友達に会ったり携帯電話で話したりテレビにパソコン
寂しさを感じる前に自然に逃げていた
厳しい自然の中テントに横たわり寝袋をかぶりいろんなことを考える
家族 友達 音楽 夢 思い出・・考えることができなく頃
正しい寂しさがやって来る
飼い主を待つ子犬のように時の経過も忘れ何もできず何も考えられずに待つ

正しい寂しさはやがて 出会い 人と触れ合える 感謝
生きているということの心の確信を太く大きくなっていた。
b0197609_1343515.jpg



アフリカ諸国が混乱するなかモロッコからセネガルに陸路で行く安全な道はなく
隣国モーリタニアはアルカイダを粉砕させるため米軍が入って何かをした
何ヶ月かでバラバラになったアルカイダの兵士たちが
5,6人の少人数のグループを作り盗賊となっている
今は陸路で南に下がろうという人はいないと言う

もう一度東に戻り東海岸を南にサウスアフリカから西海岸を再び北にあがるルートも
検討したけどチュニジア エジプトの現状だとありえない

セネガル行きをやめ南米を目指し船を捜すも桁外れの値段に頭を抱えた

タイミングがずれた感を感じます
ここでサーフィンしながら次の流れをみつけるため待機です

b0197609_1413170.jpg

b0197609_1494594.jpg

[PR]
by omigoto-90cc | 2011-01-30 02:58

Morocco in the Paradise

I'm a surf luxurious life
b0197609_22235392.jpg


b0197609_22435582.jpg
b0197609_22475350.jpg

[PR]
by omigoto-90cc | 2011-01-25 22:53

43年目と46年目の冒険

b0197609_0521168.jpg

シベリアの大地を走りぬけ
アルプスの厳しい吹雪の中を サハラの乾いた砂漠を駆け巡り
ゆっくりでも力強く風を切り続けた
b0197609_0564440.jpg
b0197609_10945.jpg
b0197609_114786.jpg

 
孤独の夜には語りかけてくれ  奇跡の出会いの元に運んでくれた
b0197609_122304.jpg
b0197609_1272921.jpg


訪れる町ではいつも人気者 走る道ではクラクションとともにエールを送られ
b0197609_13843100.jpg


ハプニングがあってもいつも近くに助け舟がある幸運の持ち主
今年で43年の年月を越えた魂宿るバイク
b0197609_1301129.jpg
b0197609_1324944.jpg


俺のふとした気の緩みから壊れてしまった
フレームが曲がり 後ろのギアはいつ欠けても不思議でない
地元のバイクショップでもお手上げ 駄目だと追い返される始末・・
b0197609_1405468.jpg


Tuniciaでの教え 有るもので満足し大切にする
俺は当然だけど いまバイクにも我慢してもらうしかない

1日かけ修理をし何とか走れるように・・
古いバイクゆえ新しいパーツがなく 
素人の俺が後輪を外しかけそうなギアを削り フレームの修正をした
情報を集めバイクにできるだけの事をした
b0197609_1415433.jpg
b0197609_1423747.jpg

先のことは解らない 明日どこで何をしてるのかなんて解りはしない
日本に送り返すくらいなら彼と生けるとこまで行こうと決心をしたんだ!

もしやどこの誰かが俺よりも彼を必要として待っているかもしれない
その人にめぐり会うまで走り続けよう 
勇気を持って前に進めば一緒に日本に帰れるかもしれないし幸運が転がりこむかもしれない
その時までまだまださよならは言えないね。
b0197609_1455496.jpg

あしたアフリカに渡ろう 何十キロでも押して歩く覚悟はできている
いつだって前に進んでやろうぜ 相棒!! 
b0197609_1432798.jpg


特別ではない一つ一つのものが特別でしかない世界を旅しよう
[PR]
by omigoto-90cc | 2011-01-08 00:33

日食・闘牛・オレンジのバレンシア

b0197609_7444852.jpg

明け方なにやら外が騒がしい 
ホステルの窓のカーテンを開けると子供たちが5.6人で騒いでた
こんな朝早くに何ごと・・・?
見るとみんなおもちゃのサングラス(紙で作った)
下に降りて話しかけると 日が昇る時から1時間ぐらい日食すると!!!
生まれて日食なんて見たことないから 突然のグッドニュースにわくわくする
そういえば一昨年の皆既日食は曇ってて見れなかったし・・縁がないと想ってた
夜明は雲が邪魔してたけど それも一瞬で晴れて肉眼でバッチリ見ちゃた
写真を何回か挑戦したけどだめでした 残念!!
b0197609_7501342.jpg
b0197609_7521953.jpg
b0197609_7534430.jpg
b0197609_7551154.jpg
b0197609_75614.jpg

日食を見届けしばらく走り道端で休んでいたら 話かけられた
どこから?ドンデ?ドンデ?(どこ行く?)
コメル バモス バモス!! (食べる行こう行こー)
昼飯をご馳走になり 話の中でどこかへ連れて行ってくれるという 
b0197609_757841.jpg

その人の車に載り山奥へ 
どこどこ2つ3つの山を越えてやってきたのは闘牛のために育ってられている牧場
b0197609_7585660.jpg
b0197609_802973.jpg
b0197609_812645.jpg
b0197609_822246.jpg

デカイ 白黒のまかいの牧場に居るやつより1.5倍はデカイ
恐る恐る囲いの中に入ると 牛は大人しく人にとても馴れていた
頭をなぜるとこっちの顔を覗き込み もっとやってくれみたいな感じで
角でグイグイ押してくる なんかすごく愛らしい
ここに居る牛は牛追い祭りで使われる牛
闘牛の奴はひとつ奥の囲いで 目つきからとても獰猛 危ないから俺は中には入れないと言う
b0197609_83372.jpg
b0197609_844622.jpg

帰り道オレンジ畑でみかん狩り どれを食べても甘くておいしい
バレンシアオレンジって皮がむき難くておおきのばかりイメージしてたけど
みかんぐらい小粒のものも有り そのくせしっかり熟れている
皮は柔らかくむきやすいし のどが渇いたときに最高の果物
袋いっぱいもらいバイクの荷物にくくりつけ走り出した 
b0197609_816181.jpg

1日で2回も嬉しいハプニング
b0197609_8145158.jpg

夕方 
砂利道で突然大きな段差をのり上げガッツと嫌な音がしたところから
スッテップに時々くるカッツカッツって振動
明るい場所でバイクをチェックするとスポルケット(ギア後輪)が刺々しく今にも欠けそうになってる
チェーンものびのび・・・
どうやら後輪の軸がずれていたらしいが時すでに遅く
ギアがいつかけてもおかしくないような状態になっている
修理中ポリスのドキュメントを受け(身分証明)状況を話すと
知り合いのバイク屋に連れて行ってくれたがSUZUKIとYAMAHAの専門店で
HONDAの部品は無いが直せるだけ手をかけてくれた
b0197609_8174455.jpg
b0197609_8184795.jpg
b0197609_8291181.jpg
b0197609_8193050.jpg

応急処置をすませバイク屋を探すがヨーロッパの車しかやらないとか
そんなバイクの部品はない お前スペアー持ってんの?とか
んーどうしようかなーって考えてると日本語で さよなら何って言ってくる
思いっきり笑顔で(ムーチョグラシャス)

浜辺にテントを張り 翌朝からバイク屋と部品屋を探すけど
本日スペイン国民の休日 どこも営業してません
人もいません静かです
b0197609_83104.jpg

b0197609_821854.jpg
b0197609_8214999.jpg
b0197609_8233750.jpg
b0197609_8253539.jpg

だましだましゆっくり西に走ってジブラルタル目指してます
メンナンス無しにアフリカにはいけない
たぶん明日がバイクの正念場なんとか乗り越えますか!!
b0197609_828263.jpg
 
[PR]
by omigoto-90cc | 2011-01-07 07:45

年越し

b0197609_3201965.jpg

France Marseilleに到着
このたびで五回目の船 着くのはいつも朝
出港は朝だったり夜中だったりするから 入港時間に合わせて運行してるんじゃないかな

b0197609_3243135.jpg

入国審査も一分と掛からずにスムーズどこの国境もこうあってほしいものです
そういうことで 入港した日はその町をくるくる回り気の向いた方へ行く
b0197609_335493.jpg
b0197609_3374893.jpg
b0197609_3394983.jpg
b0197609_341359.jpg

港の教会 古そうな倉庫 市場やさびれた路地 
ステンドグラス 石畳 貼られたポスター 野良犬の顔つき 店に並んだ魚まで
フランス
雰囲気がなんか違う 隣同士だから イタリアにも似てるけどやっぱり違うのです
芸術的の中のフランスってスタイルがあるなら それです

船の中でたっぷり寝だめしたので 夕方からバルセロナを目指しました
くねくねと海岸線の崖を走行 入り江には小町が必ずあって屋根はみんなオレンジ色 
b0197609_4253785.jpg
b0197609_4263814.jpg
b0197609_4273092.jpg
b0197609_429725.jpg
b0197609_4302919.jpg

日も沈み寒さが増してきたので スタンドに立ち寄りガソリンを入れて飯も食って
200kmほど走りました 
夜中過ぎ三日月が出てきた頃 岩陰で眠りに落ち
b0197609_4312396.jpg


翌朝 なぜに こんなに早く移動しているのか?
年明けバルセロナだったら 何かあるんじゃないかと・・・ただの感でした
b0197609_4344783.jpg

綺麗な海岸線12月31日は交通量が少なくて
貸切状態 追い越されることもなく すれ違うことですら少ない
綺麗な景色を走ってたら急いでいることに馬鹿らしく
独りじめできる綺麗な浜を探して キャンプすることにした

水と食糧を買って 普段と変わりない一日を過そう
独りで新しい年を迎えるのも多分はじめて
これからもなかなかできない経験だろうって想うとワクワクして


b0197609_4331478.jpg

b0197609_440390.jpg
b0197609_441458.jpg
b0197609_442071.jpg
b0197609_44381.jpg

b0197609_4364756.jpg

想像以上の浜を見つけた 岩場に囲まれた小さな浜 
夏用の小さな小屋を風除けにテントを張った

夜 真っ暗の浜に波の音だけが存在を大きくして
辺りのものを消し去って 
月もない夜空は時間を止めたみたいだ

自分の怒りや憎しみを年とともに綺麗に流してして
(モスクワでの事やウクライナの警察 などなど 旅は当然楽しいことばかりでないので)
 
新鮮な年を迎えよう 強くタフになろう やさしい大きな器を作ろう

辛い想いを消し去る 毎日 そして その瞬間にできればいいのに。。・・・
年を迎える前にウッカリ寝てしまいました。

翌朝明るくなる前に走り出し バルセロナを目指し
昼前にはバルセロナに入った 
遠くのサグラダファミリアを目指し やがて到着
中を見学後(ステンドグラスの光 細かい部分に斬新なデザインすべて美しい ガウディー)
外を見学 元日なのに黒山の人 人 人
b0197609_4451140.jpg
b0197609_4463846.jpg

1月2日はバルセロナのホームゲーム 観戦しました *(サッカー)最高です

b0197609_449439.jpg
b0197609_4502196.jpg
b0197609_4514550.jpg
b0197609_4531838.jpg
b0197609_4551533.jpg
b0197609_457355.jpg

都会は息苦しいのでモロッコに走ります

みなさん 今年もよろしくと言うか これからもいっぱい遊んでやってください
今年も一人ひとりに素晴らしき時でありますように 
b0197609_50295.jpg
b0197609_511996.jpg

                          2011年 1月4日
                             打越 文彦 
[PR]
by omigoto-90cc | 2011-01-04 05:31